VIOライン、とくにVラインは女性は早い時期から気になることが多く、知識のないままカミソリなどで剃...

黒ずみがあっても光脱毛でVIOの処理をできるの?

VIOライン、とくにVラインは女性は早い時期から気になることが多く、知識のないままカミソリなどで剃毛処理をしてしまっている人は多いと思います。このカミソリなどの剃毛処理によって、Vライン周辺は黒ずんでしまっているという人は多いですよね。デリケートゾーンはもともと摩擦も多いために黒ずみが気になるという人は多いと思いますが、黒ずみがあると光脱毛は難しいといわれているので、VIO処理はできるのかどうかが気になっているという人はいるのではないでしょうか。

結論を言えば、VIOラインは多少黒ずみがあっても光脱毛で処理をすることが可能になっています。しかし、他の部分に比べるとやはり黒ずみがある分光を照射するときに出力を下げる必要があるために、やや効果が感じられにくく照射回数が必要になってくることがあるという点に注意が必要です。

もともとVIOライン、とくにIラインやOラインは刺激に対して過敏な場所でもありますので、脱毛による痛みを感じやすい部分ということもあり、出力自体を下げて施術を行う脱毛エステが多くなっています。しかし、出力を下げて施術を行っていくうちに、実は黒ずみが解消して行き徐々に脱毛効果を実感できるようになってくるとも言われています。

この黒ずみが解消するというのは光脱毛がもつ肌を活性化させることが出来る効果があるためと、徐々にですが脱毛効果が表れて自己処理をする回数が減ることで、自己処理による黒ずみが発生しなくなるからだと言われています。