VIO脱毛を行う場合には、基本として自己処理によるシェービングが必要になってきます。しかし、Vライ...

VIO脱毛の前に自己処理によるシェービングが必要。剃り残しがある場合はどうなる?

VIO脱毛を行う場合には、基本として自己処理によるシェービングが必要になってきます。しかし、Vラインは別にしてもIラインやOラインを自己処理でシェービングをするというのはとても難しいと思います。剃り残しがあった場合にはどのようになってしまうのでしょうか?

実はこの剃り残しがあった場合の対応は脱毛サロンによってかなり変わってきます。シェービングについては、大きく分けで3つの対応があるようです。

1つ目は、しっかり自己処理を行ってこないと脱毛施術を行わないというサロンがあります。このようなサロンの場合には、当日に電気シェーバーを持参して剃り残しがあった場合には自分で処理をしてくださいというケースもあります。基本的には自己処理で処理をしてきてくださいというサロンの中でも、手が届きにくい部分や自己処理が難しいVIOラインのような場所は、電気シェーバーを持参すればスタッフの方が処理をしてくれるというサロンもあります。このようなサロンであればフェリエなどの顔用のシェーバーを用意しておけばよいので安心だと思います。

2つ目は、基本的には自己処理で、しかし剃り残しはスタッフの方がお店のシェーバーで処理をしてくれるというサロンもあります。全く処理をしないで行くと施術を断られることもありますので注意は必要です。

最後に、デリケートゾーンをはじめ完全に剃毛処理からサロンで行うというところもあります。このようなサロンは最初に自分専用のシェーバーを購入しておいたり、シェービングが有料になっています。自己処理をしないで良いのでVIOラインなどは安心できます。

私が調べたところでは、みんなが知っている人気の脱毛サロンや、料金が安いサロンでは基本自己処理です。